PUBGモバイルの感度設定はどうすればいい?合わせ方のポイントについて解説!

PUBGモバイルでは感度を自分用に合わせておくのは重要です。自分が一番やりやすい感度にしておくことで、うまくエイムをできるようになります。

しかし、「どうやって感度を合わせればいいのか分からない」という方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、この記事ではPUBGモバイルの感度設定について分かりやすく解説しています。感度合わせに悩んでいる人はぜひご覧ください。

 

感度設定の項目

PUBGモバイルの感度設定には「カメラ感度(フリールック)」「カメラ感度」「スコープモード感度」「ジャイロセンサ感度(通常時)」「ジャイロセンサ感度(射撃時)」の5つがあります。それぞれどんな項目か説明していきます。

カメラ感度(フリールック)

カメラ感度(フリールック)は目玉マークを使って視点操作した時の感度のことです。この感度は低すぎなければ問題ないので、お好みで設定してください。


この操作をしている時の感度のことですね

カメラ感度

カメラ感度は射撃をしていない時の操作感度のことです。「TPP スコープ無し」の数値を変更するとスコープを覗いていない時の操作感度が変更され、「2xスコープ」の数値を変更すると2xスコープを覗いている時の操作感度が変更されます。

スコープモード感度

スコープモード感度は射撃中の操作感度のことです。スコープを覗いている時の感度のことではないので注意していください。一番左上の「3rd Person No Scope」の数値を変更すれば、腰撃ちしている時の操作感度を変更できます。

ジャイロセンサ感度(通常時)

ジャイロセンサ感度(通常時)は、射撃をしていない時のジャイロセンサの感度です。ジャイロセンサをオンにしている時に適用され、端末を傾けた時の操作感度が調整されます。

ジャイロセンサ感度(射撃時)

ジャイロセンサ感度(射撃時)は、射撃している時のジャイロセンサの感度です。ジャイロセンサをオンにしている時に適用され、端末を傾けた時の操作感度が調整されます。

(ジャイロセンサ感度についてはこちらの記事でくわしく解説しています)

 

 

シチュエーション別の感度設定の方法

ここからはシチュエーション別に感度設定の方法を説明していきます。自分に適した合わせ方についても説明するので、感度合わせに困っている人はぜひご覧ください。

(この記事では、カメラ感度とスコープモード感度について解説します)

索敵時の感度

索敵時の感度はカメラ感度の中にある「TPPスコープ無し」の数値を調整します。的にすばやく照準を合わせられるように設定しましょう。

照準を合わせる時に、的を通り過ぎてしまう人は感度が高く設定されています。少し感度を下げて試してみてください。反対に、的に合わせるのに指を何度も動かしてしまう人は、感度が低く設定されています。少し感度を上げてみて試してみましょう。

ベストな感度を見つけるには、何度も試してみる必要があります。訓練場でいろいろな数値で試してみるのをおすすめします。

下の動画の2:05~4:07を参考にしてみてください。

出典:【PUBGモバイル】初心者にも易しい感度設定法【PUBGmobile 解説】 – YouTube

腰撃ちしている時の感度

腰撃ちをしている時の感度は、スコープモード感度の枠内にある「3rd Person No Scope」の数値を変更して調整します。

腰撃ちをする時は移動しながら1点に集中して撃てるかどうかが重要です。以下の動画を参考にして、動画内の動きをできるような感度設定をしてください。

出典:【PUBGモバイル】猛者に教わる腰撃ち・レレレ撃ちが確実に上達する練習方法 – YouTube

レッドドットサイト・ホロサイト使用時の感度

次にレッドドットサイト・ホロサイトを使う時の感度について説明します。

サイトを覗いているだけの時

サイトを覗いているだけの時の感度を調整するには、カメラ感度の枠内にある「レッドドットサイト、ホロサイト」の数値を変更します。

合わせ方のコツは、サイトを覗いた時にスムーズに照準を合わせられるようにすることです。感度が高いとブレてしまい、感度が低いと照準を合わせるのが遅くなります。ちょうどいい感度を見つけられるように何度も試しましょう。

射撃している時

射撃をしている時の感度を調整するには、スコープモード感度の枠内にある「レッドドット、ホロサイト」の数値を変更します。

合わせ方のコツは、「フルオート射撃をした時に反動を抑えやすくすること」「動いている的を撃ちながら追えるようにすること」の2つです。この感度は人によってやりやすい数値が異なるので、訓練場でいろいろな数値を試してみてください。

感度を合わせる時には下の動画を参考にするのをおすすめします。サイトを覗いているだけの時の感度については5:03から、射撃している時については6:15から解説されています。

出典:【PUBGモバイル】初心者にも易しい感度設定法【PUBGmobile 解説】 – YouTube

2倍スコープ使用時の感度

2倍スコープはレッドドットサイト、ホロサイトと同じように感度を合わせましょう。スコープを覗いているだけの時はカメラ感度の枠内の数値、射撃している時の感度はスコープモード感度の枠内の数値を変更してください。

 

 

3~6倍スコープ使用時の感度

次に3~6倍のスコープの感度について説明します。

スコープを覗いているだけの時

スコープを覗いているだけの時の感度設定はレッドドットサイト、ホロサイトと同じで大丈夫です。設定する時はカメラ感度の枠内の数値を変更してください。

射撃している時

3~6倍スコープを使って射撃している時は、1点にリコイルコントロールできるかどうかが最も重要です。この操作をうまくできるように感度設定をしましょう。

3~6倍スコープを使う時の感度ついては、下の動画の8:52~11:50で解説されています。

出典:【PUBGモバイル】初心者にも易しい感度設定法【PUBGmobile 解説】 – YouTube

8倍スコープ使用時の感度

次に8倍スコープを使っている時の感度について説明します。

スコープを覗いている時

8倍スコープを使う時は「タップ撃ちをした時にすばやく的に合わせられるかどうか」が重要です。撃った時の反動で少し的から照準がずれるので、そこからスムーズに戻せるように感度設定をしましょう。

感度が高いと微調整できなくなるので、あまり高くしない方がいいかもしれません。スムーズに照準を合わせられて、微調整もしっかりできるくらいの感度を探してみてください。

設定する時はカメラ感度の枠内の数値を変更します。

射撃している時

8倍スコープを使って連射することはないので、スコープモード感度は特に設定する必要はありません。

しかし、カメラ感度と違う数値に設定にしていると射撃した瞬間だけ感度が変わってしまうので、カメラ感度と同じ設定にしておくのをおすすめします

8倍スコープの感度設定については下の動画の11:51から解説されています。

出典:【PUBGモバイル】初心者にも易しい感度設定法【PUBGmobile 解説】 – YouTube

 

 

まとめ

  • 索敵時の感度は、スムーズに的に合わせられるように設定する
  • 腰撃ちする時の感度は、移動しながら1点に当てられるように設定する
  • レッドドットサイト・ホロサイトを使う時の感度は「覗いている時に微調整できるか」「1点に連射し続けられるか」「連射しながら的を追えるか」が重要
  • 2倍スコープはレッドドットサイト・ホロサイトと同じように合わせる
  • 3~6倍スコープの感度は「覗いている時に微調整できるか」「1点に連射し続けられるか」が重要
  • 8倍スコープの感度は「覗いている時に微調整できるか」が重要

この記事では、感度設定のポイントについて説明してきました。ベストな感度は人によって異なるので、何度も試してみるのをおすすめします。感度合わせをする時は、この記事で説明したことを参考にしてみてください。

 

関連記事

PUBGモバイルでは設定をカスタマイズすることがとても大切です。プレイしやすい設定にしておけば、実力をフルに発揮できます。しかし、「設定項目が多すぎて何をすればいいのか分からない」という方もいるのではないでしょうか。そんな方のために[…]